火. 5月 21st, 2024
日本刀を売る前に確認したいこと・高価買取の方法を紹介!

相続で受け継いだが使い道がない、生前整理の一環として整理したいなど、手元にある日本刀を売りたい目的は人それぞれです。

売却を決めても、「どのように進めれば良いか?」や「できるだけ高価に売りたい」という思いがあるかもしれません。

この記事では、初めて日本刀を売る方がまず確認しておきたいことや、高価買取におすすめの売却方法を紹介します。

日本刀を売る前に確認したいポイント

お持ちの日本刀は価値があるかどうかを見極めたい場合、いくつか大切なポイントをチェックする必要があります。

登録証があるかどうか

まず確認したいのが、刀に「銃砲刀剣類登録証」が付属しているかどうかです。この証明書は日本刀を合法的に所持するために必須のもので、登録されていない刀は売買することが法律で禁じられています。もし登録証が見当たらない場合は、地元の警察署に相談し、適切な手続きを踏んでください。

鑑定書や付属品がついているか

刀に鑑定書があるかどうかをチェックしましょう。鑑定書があれば、その刀の真偽や価値が確認でき、売却時に有利に働きます。また、箱や拵えなどの付属品が完備されていると、さらに価値が上がります。また、日本刀の外装に付けられる刀装具として、「三所物」(みところもの)などが揃っていると良いでしょう。

日本刀の保存状態

刀の保存状態も確認しておきましょう。錆や傷が少ないほうが、当然ながら評価は高くなります。保存状態が良好な刀は、修復の必要がなく、すぐにでも高価で取引される可能性があるのです。傷や錆がある場合は、専門の研師による研磨を考えることも必要かもしれませんが、これには高額な費用がかかります。自宅でできるお手入れとしては、ティッシュペーパーに少量の油を含ませ、刀身に薄く均一に塗布する方法が効果的です。

高価買取のための日本刀の売却方法

日本刀の売却を考えているなら、専門の買取業者を選ぶことが最も安心です。専門業者なら、正確な評価をしてくれるため、価値があると判断されれば、高価売却も期待できるでしょう。ここでは、日本刀を高く売るための三つの方法をご紹介します。

刀剣買取の専門店への持ち込み

最も一般的な方法は、直接買取店に持ち込むことです。事前に電話やオンラインフォームで連絡し、訪問日を決めます。店舗では専門の鑑定士がその場で査定を行い、合意が得られれば即座に現金を受け取ることができます。直接対面で行うため、信頼性を感じやすいですが、店舗まで足を運ぶ必要があるのがデメリットです。

出張買取

移動の手間を省きたい方には、出張買取がおすすめです。この方法では、鑑定士が直接自宅まで来てくれます。自宅で快適に査定を受けられるため、多くの人に選ばれています。ただし、自宅周辺に買取業者がない場合は、利用できないこともありますので、事前に業者の対応地域を確認しましょう。

宅配買取

もっとも便利なのが宅配買取です。電話やインターネットで簡単に申し込め、専用の梱包キットが送られてきます。日本刀を梱包し、送付すれば良いので、全国どこからでも利用可能です。査定結果が出た後、価格に納得がいけば売却が成立します。納得できない場合は、刀を返送してもらうことも可能です。

例えば、全国からアクセス可能な日本刀買取サービスを提供しているつるぎの屋では、店頭での持ち込みだけでなく、出張や宅配による買取も行っています。これにより、どこにいても簡単に日本刀の査定を受けられます。

まとめ

日本刀の売却を検討する際は、必要な書類と付属品があるかどうかを確認しましょう。そして保管状態も価値を左右する大切な要素となります。

正しい評価を受けるためには、専門知識を持つ買取業者への依頼がおすすめです。適切な業者選びと正確な知識があれば、価値に見合った価格での売却ができます。まずは信頼できる業者に相談して、日本刀の真価を見極めることから始めましょう。

By admin