火. 5月 21st, 2024

以前から、アクセサリーの創作アイテムとして、興味のあった麻雀牌が、やっと手元に届きましたぁ~。

不用品という事もあり、麻雀牌にはヒビが入ったり、欠けたりしていますが、アクセサリーアイテムとしては、味があって良いものが出来そうな予感です。

不用品をアクセサリーにする事がモットーですので、ヒビが入ってしまったり、欠けてしまった事で使用できなくなってしまった麻雀牌にはとてもいいフィーリングを感じています。今回、友人が集めてきてくれた麻雀牌は、白ベースのものに、幾つかの図柄が彫られています。友人曰く、雀士の中でも、ベテランさんたちの中には、この麻雀牌を自分で手彫りされる人もいるようで、麻雀牌は奥が深いんだよぉとの事でした。

そんな話を聞いてしまうと、是非とも、手彫りの麻雀牌に出逢ってみたいものです。今回、友人が集めてきてくれた麻雀牌の素材は、プラスチックなのかなぁと思っておりますが、その他には、素材として、竹やアクリル製などもあるようで、高級品としては、象牙なども使用されていたようです。

古い時代では、動物などの骨も使用されたりしていたようなので、麻雀の歴史って私が想像するよりも、かなり以前からあるものらしいのです。

By admin